バーナム・ピアノテクニックの棒人形

海の日。今日梅雨が明けて、夏がやって来ました[E:sun]


元々は夏が大好き、


入道雲がモクモク出ている青空の下、いっぱい[E:#x1F4A6]をかきながら


麦茶を飲んだり、スイカを食べたり、シャワーしたりするのが楽しみだったのですが・・


ここ近年の夏は暑すぎです[E:coldsweats02]


40度は勘弁してほしいです[E:bearing]


ところで先日、教室で使っているバーナムテクニックのセミナーがありました。


新発見!バーナムの棒人形はスゴイ!!



e0376642_14380333.jpg


小さな子供でも、表現する楽しさを教えてくれるミニブック。


棒人形とタイトルに秘められた意味は本当に深く、


ピアノテクニックの根幹的な要素が示されているのです。


例えば。



e0376642_14380429.jpg


「歩こう」は指の第3関節を動かす、基本のタッチ。


出来そうでなかなか出来ない動きです。


「スキップしよう」は手首の回転、


「深呼吸」は音と呼吸を合わせる練習。etc.etc.


衝撃だったのは「長グツはいて 水たまりを歩こう」。


なんと、このテクニックが、プロコフィエフ等現代音楽の、


打楽器的な音を出すための練習だったとは!


恐れ入りました[脱帽]


日々、もっと分かりやすく、もっとピアノに興味をもつようなレッスンは


出来ないだろうかと模索している私ですが(こう見えて[E:coldsweats01])


バーナムの棒人形は、そんな私を軽く飛び越えて、


いつもひょうひょうと、「こっちだよ」と


示してくれている様な、存在感あふれるお人形です[E:good]


発売40周年のグッズも可愛くて、


シール・ファイルと、色々買っちゃいました[E:happy02]



e0376642_14380497.jpg





[PR]

by liberta-piano | 2015-07-20 21:55 | リベルタのレッスン | Comments(0)