カテゴリ:リベルタのレッスン( 59 )

どらむスタディ1th

「案ずるより生むがやすし」



楽しいお勉強会になりました[E:happy01]


e0376642_14364025.jpg
   
e0376642_14364029.jpg


皆さんそれぞれお気に入りの曲で、練習の成果を発揮しました[E:note]




e0376642_14364026.jpg
いつも君がトップだね。今回はじゃんけん[E:rock][E:scissors][E:paper]で順番決めたのに[E:bleah] がんばれ~[E:motorsports]


 


e0376642_14364047.jpg
 
e0376642_14364133.jpg
   
e0376642_14364185.jpg


みんな、決まってる~[E:wink]


e0376642_14364152.jpg
 
e0376642_14364116.jpg
 
e0376642_14364152.jpg


ゆかりセンセイもちゃっかり参加[E:catface] 音響もグッドでした[E:good]


e0376642_14364185.jpg
   
e0376642_14364108.jpg


アナウンスも自分たちで[E:karaoke]


e0376642_14364215.jpg
   
e0376642_14364243.jpg
 
e0376642_14364269.jpg









e0376642_14364216.jpg
   
e0376642_14364289.jpg


いい表情で音楽しています[E:notes]


感想を言い合って それぞれ的確なコメントでした[E:upwardright] 


         記念撮影[E:camera] 
e0376642_14364344.jpg
笑顔でパシャ[E:happy01]





[PR]

by liberta-piano | 2013-03-21 11:31 | リベルタのレッスン | Comments(0)

MYレッスン

発表会の3週間後にP教授のレッスンとは[E:coldsweats02]



それまでジャズばっかり弾いていたのに、練習間に合いませ~ん[E:shock]



なんて言ってられません!



何せ世界一の音楽学校の先生に見ていただけるチャンスを逃がす手はなし。



お題はバッハの「ゴールドベルク変奏曲」。



この世で最も美しいのではと思わせるアリアに始まり、続く30の変奏曲、そして同じアリアで幕が下りる、全52ページ、1時間以上にも及ぶ バッハの名作。



生きているうちに最後まで完走(完奏)するべく、1部をレッスンして頂きました[E:note]



e0376642_14361939.jpg
心洗われるアリア。



心身がデトックスされて行く感覚です・・ この美しさは何なのでしょう?



 

e0376642_14361954.jpg
レッスンが終わって帰り道、夕暮れの芦屋川。すっかり秋の涼しい空気になりました。気分も爽快[E:confident]



e0376642_14362068.jpg
芦屋川沿いにあるジェラートのお店。絶対素通り不可能[E:lovely]



e0376642_14362030.jpg
チョコ、巨峰、ピスタチオ。ここのチョコは最高級。ピスタチオも大ヒットでした[E:happy02]



P教授、格別な1日をありがとうございました<感謝>[E:shine]




[PR]

by liberta-piano | 2012-09-23 23:31 | リベルタのレッスン | Comments(0)

ぴあのパーティー CD完成

e0376642_14361820.jpg
これが完成するまで、ゆかりセンセイの発表会は終わりません[E:notes]



今回もまた、楽しいCDが出来上がりました。



生き生きとした皆さんのピアノの音を聞くたび、パワーをもらって元気付いています[E:scissors]



ただ「ひたむきな音」がすばらしい!



発表会は本当に、ゆかりセンセイの財産です[E:crown]



皆さん、ありがとう[E:heart02]


[PR]

by liberta-piano | 2012-09-17 22:58 | リベルタのレッスン | Comments(0)

ぴあのパーティー 終了

無事終わりました。



ホッとしたというより、気が抜けた感じです。。



皆さん、ゆかりセンセイの予想を裏切る良い演奏をしてくれて どうもありがとう!



これから いそいそとCD作成に入りますが、出来上がるのが とても楽しみです[E:wink]



e0376642_14361809.jpg






[PR]

by liberta-piano | 2012-09-04 00:13 | リベルタのレッスン | Comments(0)

ぴあのパーティー リハーサル

夏真っ盛り[E:sun]



冷房の部屋から外へ出た瞬間の、むおぉ~っとする感触が好きな私です[E:happy02]



さて、ぴあのパーティーまで あと1ヶ月余り。



ドラムの柳先生とベースの堀内先生とでアンサンブル曲のリハをしました[E:note]



このリハが終わると ゆかりセンセイのお仕事もひと段落。



あとは生徒のお尻をたたくこと[E:wink]、自分の曲の練習に取り掛かる(上原ひろみの曲にチャレンジ! 今回これが一番心配の種[E:despair])ことに専念です。



オリンピックも始まり、メダルもすでに3つと 盛り上がっています[E:scissors]



生徒の皆さん、暑い毎日ですが、幸い停電の心配もなさそうなので、本番で力を出し切れるように、夏休みしっかり練習して下さいね!



e0376642_14361568.jpg
e0376642_14361502.jpg



べースの堀内先生。ぴあのパーティーでは初登場です。カッコイイベースを聞かせて下さいますよ[E:note]
ドラムの柳先生。もうすっかりおなじみですが、今回も美しいドラムプレイをお楽しみに!






[PR]

by liberta-piano | 2012-07-29 14:10 | リベルタのレッスン | Comments(0)

ぴあのパーティー

「ぴあのパーティー」って、ピアノ弾きながら 何か飲んだり食べたりするみたいですね。



今日はその名の由来について 少しだけ話にお付き合い下さい。



日本人のもつ「パーティー」のイメージは、いわゆる宴会に近いものかも知れません。



英語で言う "party"は  "company" の類義語で、「集まり」だけでなく、「仲間」 とか「当事者」「派閥」の意味も持ちます。



なので、ぴあのパーティーを言い換えると 「ピアノ仲間」「ピアノ派」「ピアノ人」みたいな感じです。



ピアノは練習も本番も、殆ど一人で弾く事が多い楽器ですが、本来音楽は「合奏」が基本で、音を通したコミュニケーションなんです。



リベルタでは この本質的な要素を体験してもらうひとつの機会として、「ぴあのパーティー」を合奏形式で行っています。



自分より上手い人、下手な人、初めから気の合う人、合わない人、いろんな人と自分が少し歩み寄って、一つの形を作り上げる・・そんな共同作業がアンサンブル。



仲間を助けたり、助けられたりしながら、1+1=2 ではなく、3にも5にも10にもなる面白い合奏を、生徒さん方に体験してもらい、ピアノを中心として広く音楽に親しんで行ってもらいたい、という願いが込められています。



・・と、えらく難しそうな説明になってしまいましたが、要するに「音楽は楽しい。人と一緒だともっと楽しい」 というふうに捉えて下さい。



今回も、プロのベーシスト、ドラマーが演奏をサポートして下さいます。しっかり練習して、本番はステージを楽しんで下さいね。



e0376642_14361463.jpg
お教室も 金魚の置物で涼しい気に[E:note]






[PR]

by liberta-piano | 2012-07-15 21:37 | リベルタのレッスン | Comments(0)

<CD vol.5> リベルタ発表会CD

e0376642_14354011.jpg



毎年恒例の発表会のCDが出来上がりました[E:cd]。



今回はピアノソロのみですが、聴き応え充分です[E:good]



全員のパワーがぎゅっとつまった、元気の出るCD。



ゆかりセンセイの何よりの「お宝」が、また一つ増えました[E:shine][E:shine]



いつか天国へ行く時は、



お経の代わりにリベルタ発表会の皆さんの、無心なピアノの音にに送られて



昇天したいものです[E:happy02]








[PR]

by liberta-piano | 2011-12-08 22:41 | リベルタのレッスン | Comments(0)

発表会終了

山頂に吹く風は すがすがしく、



ここまで登ったのだという、達成感と開放感に満たされる。。。



一歩一歩自分の足で、努力して登りつめた者だけが味わえる快感です。



いざステージに上がる前の緊張感と、



それから解き放たれた瞬間の感覚は 忘れがたいもの。



ミスが出てくよくよするのも みな同じ。



だからこそ、次こそは!



と、また意欲が湧くのかも知れません。



連なる音楽の山は無限で、またあの山この山にあこがれ、



頂を夢見る・・・



全員、最後の1音まで、自分の力で弾き終えました。



全員、去年より確実に高い山の頂に自分の旗を立てました。



おめでとう。



思い描いていた通りの、充実した内容の発表会でした。



今日からまた、地道なトレーニングの始まりです。



次の山に備えて 一歩ずつ、一緒に歩みましょう。



  −追伸ー



発表会にお越しいただきました皆様、生徒の演奏を真剣にご静聴下さいまして、



誠にありがとうございました。



多くのご来場にもかかわらず、静かな会場の雰囲気が、生徒をより集中させてくれました。



開催者として、これほど有り難い事はございません。



又出演者側としてこの会を支えて下さいました皆様、裏方として惜しみなく協力下さいましたスタッフの皆様、ゆやホールの皆様に、心より御礼申し上げます。


[PR]

by liberta-piano | 2011-11-24 22:30 | リベルタのレッスン | Comments(0)

発表会前夜

「今日 地球が滅びたら 明日発表会でピアノを弾かなくていいのだわ」

子供のころ極度な上がり性だったゆかりセンセイは、そんなことを思っていました・・・

当日、舞台そでで出番を待っている間に体は振るえ、

「今 地球が滅びたら ステージに上がらなくて済むのに」

と、いやおうなくその時はやって来、最後まで硬直した手のまま なんとか弾き終えたものでした。

それにくらべると、うちの生徒さんたちは、毎回本番とても立派です。

今日まで褒めたり叱ったり、時に脅したり(!)、色々ありましたが、

本番は皆さんを信じています。

いつもそうです。

信じれば相手はちゃんと答えてくれるのだと、ピアノに向かう一人一人の背中が教えてくれます。

明日はいよいよ山の頂ですね。
[PR]

by liberta-piano | 2011-11-22 22:09 | リベルタのレッスン | Comments(0)

発表会5日前

発表会では 普段弾いているレベルよりも1段高い曲を選曲します。



だから難しくて行き詰るのは ある意味当然のことです。



まっすぐの、平坦な道を歩いていたのでは 山には登れません。



エネルギーを使い、壁に当たります。



けれど、それを乗り越えた時、「できた」 という達成感と充実感が



自信となって 自分に帰ってきます。



そして 今までよりも 一段、二段、高いところに上ったことに気付くはずです。



そんな風に 少しずつ 高い山を目指せるように 成長して行きます。



だから 発表会は必要なんですよね、やはり。



あと5日ですが、仕上がった人は気を抜かずに、



まだ仕上がっていない人は 最後の頑張りを見せてください。



ステージでは 誰の力も借りずに 弾かなくてはいけません。



これは 緊張の中、大変な試練です。



練習だけが頼りです。










[PR]

by liberta-piano | 2011-11-18 00:01 | リベルタのレッスン | Comments(0)