<   2015年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

震災20年

家の壁に残されたヒビを見るたびに思い出す、あの恐ろしい揺れ。。。


人は、本当に恐い思いをした時の事は、今の恐怖として蘇るようです。


 「これは いつかあったこと


  これは いつかあること


  だから よく記憶すること


  このさき


  わたしたちが 生きのびるために」



神戸の詩人、安永稔和の言葉です。


阪神大震災を知らない人が、地元に半分いると聞きました。


身を以て体験していない人は、その凄さがわからないもの。


電気が、ガスが、水道が、電話が断たれた時の備え、


自分なりに考えてはいるつもりですが、


今日もう一度、ベッドの横に置いてあるデイパックのリュックの中を


点検してみようと思います。


一日が何事も無く、無事だった事に感謝しながら。


[PR]

by liberta-piano | 2015-01-17 17:55 | 星に願う日 | Comments(0)

成人の日

素敵な詩なので、ご紹介してみます。


「   むかい風を歩くんだ


 成人おめでとう。


 今日からみんな大人だって?そんなはずがない。


 一日で大人になれるわけがない。


 その上、大人になるには近道もないし、


 特急券も売っていない。


 まずは家を出て、一人で風の中に断ちなさい。


 そうして風にむかって歩き出すんだ。


 歩きながら自分は何者かを問いなさい。


 そうすれば君が まだ何者でもないとわかる。


 それでも一人で歩くことがはじまりなんだ。


 上り坂と、下り坂があれば、上り坂を行くんだ。


 追い風と、むかい風なら、断然、むかい風を歩くんだ。


 どうして辛い方を選ぶかって?


 ラクな道、甘い水は君たちに何も与えてくれないし、


 むかい風の中にだけ他人の辛酸の声が聞こえるんだ。


 真の大人というものは己のためにだけ生きない、卑しくない人だ。


 誰かのためにベストをつくす人だ。


 金や出世のためだけに生きない、卑しくない人だ。


 品性のある人こそが、真の大人なんだ。


 どうだい?大人って大変だろう。 


 しかしそうでもないさ。


 一休みに一杯やれる。


 さあ大人にむかう君と乾杯。」


伊集院静さんの詩です。


己のためだけに生きず、誰かの為にベストをつくす。


それが真の生き方だと、私も思います。


20才になるまで、たくさんの人に助けられた分を、


一生かけて返して行く、その始まりの時でもあるでしょう。


自分はまだまだ、育ててもらった借りを少しずつ返している最中・・


この詩を繰り返し読みつつ、そう自問自答しています。


一杯やりながら。



[PR]

by liberta-piano | 2015-01-12 21:43 | 星に願う日 | Comments(0)

2015新年

明けましておめでとうございます[E:fuji]


今年1年もまた、音楽が私たちを澄んだ心にし、気持ちを高めてくれますように。



e0376642_14374878.jpg


教室の棚の飾り付けは準備万端。


大掃除も3~4時間ずつ、4日間かけて全てのホコリを丁寧に拭き取りました[E:scissors]


新たな気持ちで皆さんをお迎えしたいと思います[E:capricornus]


今日は夕方、[E:snow]になりましたね。


パパッと即興で雪だるまを作ってみました[E:note]



e0376642_14374868.jpg


お目目はふうせんかずらの種、帽子はどんこしいたけです[E:happy02]


本年もどうぞよろしくお願い致します。


新年レッスンは6日(火曜日)からです。



e0376642_14374861.jpg



[PR]

by liberta-piano | 2015-01-01 22:54 | お知らせ | Comments(0)