ハノンはアノンだった・・

e0376642_14351811.jpg



日頃弾きなれた、ピアノ教師にとっては当たり前のハノン。



これが、のだめと千秋先輩の留学していた、あのパリのコンセルヴァトワールの学生の為に書かれたテキストだったとは!



しかもハノンさんはフランス人なので、本当は「アノン」さんだったのです[E:coldsweats02]



改めて子供の頃使っていたテキストの表紙をみると、フランス語で「プロピアニスト用」と、はっきりサブタイトルが記されているではありませんか。。



今日の北村智恵先生のセミナーでお聞きするまで、そんな事とはつゆ知らず、



普段、指のトレーニングとして自分流にアレンジして(例えば変拍子にしたり、2,4のビートにしたり、スイング、6度3度、全調で弾くなど)、楽しみを作って弾いていた「アノン」教本。



とても高級本に見えて来ました[E:shine]



明日からはコンセルヴァトワールの学生気分でアノンに向かえそうです[E:notes]



今宵七夕、雨は今しがた上がったものの、空はどんより[E:cloud]



雲に隠れて見えないお星様にお願い、



「アノン先生に一歩お近づきになれますように!」






[PR]

# by liberta-piano | 2011-07-07 23:37 | 星に願う日 | Comments(0)

7月カレンダー

e0376642_14351766.jpeg
   



正午前の天気予報を見ていると



「今日のでんき予報 89%」などと 初耳の言葉。



e0376642_14351887.jpg



少しでも節電しなくてはと、ブラインドや断熱シート、手作り網戸に虫除けグッズ、ぶたのせともの(「蚊やり豚」というらしいです)まで色々取り揃えていたら、結構な出費になってしまいましたが[E:coldsweats02]



それよりも、今まで当たり前のように電気[E:flair]に頼っていた事に気付かされました。反省です[E:wobbly]


[PR]

# by liberta-piano | 2011-07-01 11:37 | お知らせ | Comments(0)

五嶋みどり デュオリサイタル

e0376642_14351632.jpg



念願だったみどりさんの生演奏、聴きに行きました。



ヴァイオリンを持つ、というより、ヴァイオリンが体の一部にしか見えませんでした。。



小さな体から出る大きなオーラ、しなやかな弓裁き、どんな難所でも美しく響く豊かな音色、



芸文大ホール超満員の観客を飲み込むような、圧倒的な演奏でした。



モーツァルトに始まった曲目の、絶頂はベートーベンの「クロイツェル」。



第1楽章が始まったわずか数秒で完全に引き込まれ、拍手でふと気が付くと、頭が前のめりに・・・



演奏のスゴさと同時に、改めてベートーベンのスケールの大きさに感嘆してしまいました。



この夜の感動は一生ものです。。。





e0376642_14351766.jpg
兵庫県立芸術文化センター(通称芸文)にて。



ポスターの前で記念撮影[E:camera] を予定していたのですが、



みどりさんの大きなポスターがなく、仕方なしにチラシと一緒にスマイル[E:happy01]






[PR]

# by liberta-piano | 2011-06-22 23:24 | 芸術鑑賞 | Comments(0)

MY レッスン



e0376642_14351536.jpg
  D.K教授がアメリカから来日され、レッスンを受けました。



                    ラヴェルの難曲「鏡」に挑戦です[E:sign01]





e0376642_14351507.jpg
うまく弾けていませんが、レッスン後は気分スッキリ[E:sun]



                    ご指導ご鞭撻、ありがとうございました[E:shine]



e0376642_14351693.jpg
2夜連続で素敵なディナーをご一緒させて頂きました。



                    ビールの味もまた格別。とっても楽しいひと時でした[E:confident]



D.K教授のサロンコンサート、すばらしかったです。



今回、40名定員のサロンでしたので、大人の生徒さんのみお声賭けさせて頂きました。



子供向きのコンサートがあれば、また皆さんにご案内したいと思います[E:note]


[PR]

# by liberta-piano | 2011-06-13 23:05 | リベルタのレッスン | Comments(0)

映画・スティング

e0376642_14351476.jpg
e0376642_14351517.jpg
e0376642_14351531.jpg



今日BSで放送されていました。



何度見ても、ハンサムでダンディな二人を見飽きる事はありません[E:heart04]



右2つの写真は、私の一番好きなシーンです[E:movie]



映画のテーマソングはスコット・ジョップリンの軽快なラグタイムピアノ[E:notes]



「エンターテイナー」は有名ですね[E:note]




[PR]

# by liberta-piano | 2011-06-09 20:28 | 映画 | Comments(0)

6月カレンダー

e0376642_14351487.jpeg



はや梅雨入り6日目の6月1日[E:sprinkle]



思えば5月ほど夜風の気持ちよい月はなっかたのではないでしょうか。



芝生のお庭があれば、生演奏を楽しみながらガーデンパーティーしたいわ・・・



などと夢想にふけりながら、ふわふわ風に吹かれて夜道を帰る毎日でした[E:clover]



さて、6月はどんな夢を見ながら雨の道を歩きましょうか・・[E:rain]


[PR]

# by liberta-piano | 2011-06-01 00:01 | お知らせ | Comments(0)

<CD vol.3> 上原ひろみ VOICE

e0376642_14351389.jpg



日本の誇るジャズピアニスト、上原ひろみさんのCD ”VOICE"。



華奢な体から湧き出るエネルギー、溢れるセンス、確かなテクニック、そして何よりも、ジャンルを越えて見る人を釘付けにする、闘魂のパフォーマンス。



まだ彼女のライヴに行った事がないのですが[E:bearing] 虜になってしまいそうな予感がしています[E:heart01]



  p.s   5/29(日) 21;54~ テレビ大阪「ソロモン流 密着!」 でひろみさんが登場。興味のあ        る方はエアチェックです!


[PR]

# by liberta-piano | 2011-05-24 22:17 | 音楽 | Comments(0)

今日の地震記事

e0376642_14351373.jpg



今日の読売新聞の朝刊の記事です。興味深かったので切り抜いてみました。



写真が少し見にくいのですが、おおよそ1100年前、850年~888年の約40年の間に起きた大地震と火山の噴火の記録です。



863年 越中・越後地震 − 中越地震



868年 播磨地震 − 阪神淡路大震災



869年 貞観地震 − 東日本大震災  と一致しています。



大阪近辺ですと、881年平安京地震、887年西日本地震の記録があります。



全く一致して欲しくない話ですが、この事実を見る限り、近いうちにまた起こりうる事を物語っています。



私達も1995年に阪神淡路大震災を経験し、もうないだろうと、つい思ってしまいがち(思いたい)ですが、有事に備えて準備だけは怠ってはならないのではないでしょうか。



3・11の時も1・17の時も、直前、月が異様に赤い光を放っていたといいます。



今宵満月、白く輝く月を見て、ホッと一安心するのでした。。


[PR]

# by liberta-piano | 2011-05-18 23:17 | 星に願う日 | Comments(0)

<CD vol.2> ラフマニノフ プレイズ ショパン



e0376642_14351273.jpg



5月のなたね梅雨。。。



この3日間よく降りましたね。ほとんど小止みになった夜、教室から自宅まで、花盛りのジャスミンが香しく、どこか懐かしい雨の匂いを楽しみながらゆっくり歩いて帰りました。



雨の曲と言えば、ショパンの「雨だれ」が有名です。どのピアニストの雨だれをブログで紹介しようかしらと考えつつ、家に帰って聴いたのがこのCDcd







5月のなたね梅雨。。。



この3日間よく降りましたね。ほとんど小止みになった夜、教室から自宅まで、花盛りのジャスミンが香しく、どこか懐かしい雨の匂いを楽しみながらゆっくり歩いて帰りました。



雨の曲と言えば、ショパンの「雨だれ」が有名です。どのピアニストの雨だれをブログで紹介しようかしらと考えつつ、家に帰って聴いたのがこのCD[E:cd]「ラフマニノフ プレイズ ショパン」。



雨だれは収録されていないのですが、何せ古い録音(1919~1935)で、雑音がまるでザーザー降りの雨のようなんです[E:rain]



デジタルで高音質を追求する今の時代から見ると、有り得ない録音かも知れませんが、何と言っても大作曲家ラフマニノフ本人の貴重な演奏ですし、ノスタルジックな時間を満喫出来ます。



彼の大きな手(ドから12度上のソまで届いたとか[E:paper]!)で奏でられるワルツOp.64-2 嬰ハ短調など、スラヴ人的で、私は好きです[E:heart]


[PR]

# by liberta-piano | 2011-05-12 23:17 | 音楽 | Comments(0)

庭の花と山の桜



1週間ぶりのレッスン。



順番に教室に入ってくる生徒の顔を見ると、なぜかちょっぴり、なつかしい気持ちになります[E:confident]



それぞれどんなGWだったのでしょうね?



この春、庭に咲いた花たちと、下段は5月に咲く妙見山の桜[E:cherryblossom]です。 


[PR]

# by liberta-piano | 2011-05-06 22:58 | 花日記 | Comments(0)