バッハ マタイ受難曲

3時間にも及ぶ壮大な宗教音楽、


イエス・キリストが捕えられ、十字架に掛けられるまでの話を


音楽で綴った、マタイ受難曲。


世界最古のオーケストラで、バッハにもゆかりの深い、


ライプティヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団と、ライプティヒ聖トーマス教会合唱団の演奏を聴きました[E:note]



e0376642_14382471.jpg


透き通ったオーケストラの音色に、合唱団の男の子達の歌声。


とにかく快挙だったのは、受難曲を聞きながら寝なかった事[E:happy02]


つまり、素晴らしい演奏だったと言う事です[E:good]


この前のブログに書いたように、歌で伝えると、話よりよく入って来るんですよね。


昔の人々がこの受難曲を聴いて、神様を身近に感じたであろうことは、想像に難くありません。


バッハの眠る聖トーマス教会、いつか訪れてみたい場所です。



[PR]

by liberta-piano | 2016-03-13 22:23 | 芸術鑑賞 | Comments(0)